自作視聴覚教材コンクール

平成29年度鹿児島県自作視聴覚教材コンクール

〈平成29年度鹿児島県自作視聴覚教材コンクールの作品募集〉

 

 ※ 必要な様式は,下記よりダウンロードし,「名前をつけて保存」等の方法でパソコンへ保存して,使用してください。

 教育関係者・児童生徒の方

 チラシ                   【PDF形式】

 実 施 要 項                  【PDF形式】

    応募票(様式1)             【PDF形式】 【WORD形式】

 応募票(様式2)             【PDF形式】 【WORD形式】

部門別応募状況(様式4)   【PDF形式】 【WORD形式】

応募作品一覧表(様式5)   【PDF形式】 【WORD形式】

応募作品一覧表(様式6)   【PDF形式】 【WORD形式】

※ WORD形式の様式は、書式を変更せずに使用してください。

動画部門(一般の方)

チラシ       【PDF形式】

    説 明 資 料           【PDF形式】

            応募票(様式3)    【PDF形式】 【WORD形式】

《平成29年度鹿児島県自作視聴覚教材コンクール実施要項》

    1. 【趣旨】 視聴覚教材は,学習を効果的に進めるために,教育の様々な場面で広く利用されている。今日の多様化した学習内容に対応するためには市販教材のみですべてをカバーすることは難しく,学習に対応するきめの細かい自作教材が必要とされている。また,近年の情報通信技術の進展により,パソコンやビデオなどを利用したデジタルコンテンツの制作や活用も求められている。そのため,学校教育や社会教育関係者,児童生徒,一般の方を対象に,自作視聴覚教材コンクールを実施し,視聴覚教材づくりの奨励と積極的な活用の啓発を図る。
    2. 【主催等】  (1) 主催 鹿児島県視聴覚教育連盟(2) 後援 鹿児島県教育委員会
    3. 【募集部門等】 (1) 募集部門と規格 次の3部門の自作視聴覚教材を募集する。また,各部門とも一人1教材の出品とし,規格外の教材は,審査対象外とする。
      1. パソコン
        • プレゼンテーションソフトで作成した作品。
        • ホームページ形式で作成した作品。ただし,最初のページのファイル名は,index.htmlとすること。
        • フラッシュ形式で作成した作品。

        ※かごしま映像百科データベースの素材テープ及びデジタルコンテンツを利用して制作した作品は,パソコン部門で応募することができる。 (素材テープは,県及び地域視聴覚ライブラリーで借用できる。) 「かごしま映像百科テジタルコンテンツ」

        http://www.kagoshima-pac.jp/functions/central_center-2/audiovisual_service/many_objects/ 詳細

        ※CD,DVD,BDのいずれかに保存した作品とする。 Windowsの標準の状態(含むInternet Explorer)で実行可能なファイル形式で保存し,オーサリングソフト等特別のソフトウェアが必要な場合は実行可能な形式で保存した作品とする。

      2. 動画
        • DV,DVD,BDに12分以内で構成した作品。(DVD,BDは,必ずファイナライズすること)
        • 一般の方による応募は,鹿児島県自作視聴覚教材コンクール動画部門(一般の部)説明資料を参照
      3. 静止画
        • 紙芝居(5枚構成以上)
        • TP(5枚構成以上)
        • 組写真(1つのテーマで3枚構成以上)
        • 広幅用紙等でまとめた作品。

      (2) 応募条件

      1. 他のコンクール等に応募した教材・作品(応募予定の教材・作品も含む)は,主催者等から応募のための許可を得ること。
      2. 下記事項に該当する場合は,著作権者等から応募のための許可を得ること。
        1. 他人が作成・撮影した画像や放送を録画したものを使用している教材・作品
        2. 著作権処理をしていないテープやCDの曲を使用している教材・作品
        3. 著作権を応募者以外が所有している教材・作品
    4. 【募集の対象者】 以下に掲げる個人または団体 (1)学校教育関係者(教職員, 指導主事等) (2)社会教育関係者(社会教育主事, 視聴覚ライブラリー等の職員) (3)児童生徒 (4)一般(動画部門)
    5. 【募集締切】
      • 県立学校等においては,平成29年10月20日(金)までに直接鹿児島県視聴覚教育連盟事務局に提出する。
      • 各地域視聴覚ライブラリー等においては,募集締切を平成29年9月29日(金)までとし,平成29年10月20日(金)までに鹿児島県視聴覚教育連盟事務局に提出する。
    6. 【賞】 学校教育・ 社会教育関係者, 児童生徒において各部門ごとに次の賞を設ける。最優秀賞,優秀賞,優良賞,努力賞
    7. 【審査会,入賞発表及び表彰式の期日】 (1) 審 査 会 平成29年11月24日(金)(2) 入賞発表 平成29年12月1日(金)(3) 表 彰 式 平成30年 2月3日(土)
    8. 【審査会】 審査会については,別途定める。
    9. 【審査基準】 応募された作品は,次の観点のうち各部門に必要なものを適用して審査する。(1) 教材性に優れているか。(2) 制作のねらいや利用目的が明確であるか。(3) 主題設定及び内容の構成が適切であるか。(4) 映像が鮮明で音声が明瞭であるか。(5) 内容や表現に創意工夫がなされているか。(6) 応募された教材が視聴覚機器の特性を生かしているか。
    10. 【提出するもの】 (1) 自作視聴覚教材・作品(前年度募集締め切り以降,当該年度)(2) 平成29年度鹿児島県自作視聴覚教材コンクール応募票(様式1または様式2または様式3)(3) 指導案等の教材に関する資料(提出可能な学校教育関係者は,必要に応じて提出する)(4) 平成29年度鹿児島県自作視聴覚教材コンクール部門別応募状況(様式4)(5) 平成29年度鹿児島県自作視聴覚教材コンクール応募教材一覧表(様式5・様式6)
    11. 【著作権等について】 (1)応募作品の著作権 応募作品の著作権は応募者に帰属するものとする。ただし,応募作品のうち入賞作品については,下記の事項について応募者は了承するものとする。ア 主催者が複製し,主催者が行う事業において利用すること(授賞式や研修会等での上映)イ 主催者が本事業を広報するため,印刷物やホームページに利用することウ 主催者が本事業の記録として保存するために複製すること (2) 応募作品中の著作物の著作権 他人が著作権をもつ著作物等(例:挿入素材,文章,BGM等)が応募作品に含まれる場合には,応募者の責任において,著作権者等から,応募のための複製の許可を得るものとする。人物の肖像権等についても同様とする。
    12. 【作品の返却】 作品は,審査終了後,各地域視聴覚ライブラリー等を通じて返却する。
    13. 【優秀作品の推薦】 審査会において優秀な教材については,次年度日本視聴覚教育協会主催の「全国自作視聴覚教材コンクール」に推薦する。
    14. 【その他】 作品審査の経過等についての問合せは,受け付けておりません。
    15. 【問合せ先】 〒892-0816 鹿児島市山下町14-50電話 099(221)6606鹿児島県視聴覚教育連盟事務局(かごしま県民大学中央センター学習情報係)

《平成29年度鹿児島県自作視聴覚教材コンクール動画部門(一般の部)説明資料》

  1. 【趣旨】 情報通信技術の進歩と普及により,ビデオカメラやパソコンを利用して誰でも手軽にビデオ作品を作ることができるようになってきている。手づくりによるビデオ作品は,身近な出来事や感動したこと,地域の自然や伝統芸能などを映像情報として,学習に役立てたり,情報発信したりすることができる。生涯学習活動におけるビデオ作品づくりとその活用を啓発するとともに,ビデオ制作のスキルアップを図るため,広く県民を対象としてビデオ作品コンクールを実施する。
  2. 【主催等】 (1) 主催 鹿児島県視聴覚教育連盟(2) 後援 鹿児島県教育委員会
  3. 【応募条件(規格等)】 (1) アマチュアであること。また,出品は個人またはグループ・団体1作品とする。(2) テーマは自由であるが,制限時間は12分以内とする。(3) DV(ミニ・標準),DVD,BDのビデオとする。[DVD,BDは,必ずファイナライズしておくこと。](4) 他のコンクール等に応募した作品(応募予定の作品も含む)は,主催者等から応募のための許可を得ること。(5) 作品の中に使用している音楽などの著作権は,適切に処理されていること。(6) DVテープの初めには,15秒程度のカラーバーなどの映像を入れること。
  4. 【応募方法】 所定の「応募用紙(様式3)」に必要事項を記入の上,作品とともに,地域視聴覚ライブラリー等まで提出すること。
  5. 【応募締切】 平成29年9月29日(金)地域視聴覚ライブラリー等必着
  6. 【賞】 最優秀賞,優秀賞,優良賞,努力賞
  7. 【審査会等】 審 査 会 平成29年11月24日(金)入賞発表  平成29年12月1日(金)表 彰 式  平成30年 2月3日(土)
  8. 【作品の返却】 作品は,原則として応募者が地域視聴覚ライブラリー等まで引き取りに行くこと。
  9. 【著作権等について】 (1)応募作品の著作権応募作品の著作権は応募者に帰属するものとする。ただし,応募作品のうち入賞作品については,下記の事項について応募者は了承するものとする。ア 主催者が複製し,主催者が行う事業において利用すること(授賞式や研修会等での上映)イ 主催者が本事業を広報するため,印刷物やホームページに利用することウ 主催者が本事業の記録として保存するために複製すること (2)応募作品中の著作物の著作権他人が著作権等をもつ著作物等(例:挿入素材,文章,BGM等)が応募作品中に含まれる場合には,応募者の責任において,著作権者等から,応募のための複製の許可を得るものとする。人物の肖像権等についても同様とする。
  10. 【優秀作品の推薦】 審査会において優秀な教材については,次年度日本視聴覚教育協会主催の「全国自作視聴覚教材コンクール」に推薦する。
  11. 【その他】 作品審査の経過等についての問合せは,受け付けておりません。
  12. 【問合せ先】 〒892-0816 鹿児島市山下町14-50(電話)099-221-6606鹿児島県視聴覚教育連盟事務局(かごしま県民大学中央センター学習情報係)